【発酵食べ比べ】パサつきがちな鶏むね肉




こんばんは。

食や人との出会いを通して

毎日を幸せに暮らすお手伝いをしていきたい!

”結びとまんぷくご飯”です。







今日は、発酵のおいしさ第一弾!!!


ということで

山口飲食インストラクターコースで食べ比べた

パサつきがちな鶏むね肉について

ご紹介します。






上の写真で、


左がそのまま茹でた鶏むね肉。(ふつう)


右が塩麴に漬け込んで茹でた鶏むね肉。(塩麴ゆで)



両者ともに茹で時間は全く同じです。










気になる食べ比べた検証結果は、、





見た目

ふつう:色味が白っぽくなっている

    水分奪われてしまっているように見える

塩 麴:薄いピンク色

    ぷりぷりしている




柔らかさ

ふつう:固く、噛み応えがある

    呑み込みにくい

塩 麴:柔らかく、弾力がある

    呑み込みやすい




おいしさ

ふつう:鶏肉の独特な臭みが少し残っている

塩 麴:臭みがなく、旨味・甘味がある

    しっかり味もついている

     →これだけで1品完成している





なんと、、

漬けておくだけでこんなにも違いが!!!


わたしは普段からお肉を塩麴に漬けて

焼いたり、炒めたりしているので

比べる機会がなかったのですが、、


改めて2つの違いに驚きました。






すごいですよね。

本当に万能調味料です。塩麴。

(塩麴は麹、塩、水で簡単にできます。)



お肉が柔らかくなるのも

旨味・甘味が増すのも

麹に含まれている酵素の働きによるものです。

(麹:様々な発酵食品を作り出す際に

   用いられるもの)



目に見えない力が働いて

ほっておくだけで

食品をこんなにも美味しくしてくれるなんて、、



ああ、本当に面白い。


発酵について知りたい欲は深まるばかりです。





お手元に塩麴がある方は

食べ比べしても面白いですよ~!!!





▸次回は、醤油麹卵の食べ比べ

結びとまんぷくご飯【香川/高松】

欠かすことのできない”食”と かけがえのない”人との出会い”を通して 豊かに、、そして幸せに暮らす お手伝いをしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000